ClairWorks
「英検」は正式名称を「実用英語技能検定」と言い、1963年に創設されて以来、延べ7400万人が受験し、現在は年間約250万人が受験している国内最大規模の英語検定試験です。「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を、筆記・リスニング・スピーキングのテストで直接・的確に測定し、合否を判定します。試験は年3回実施され、初級の5級から4級、3級、準2級、2級、準1級、そして最終目標となる1級まで7つの級に分かれており、自分の目指す目標を身近に設定し、無理なく確実に実力を延ばしていくことができるように構成されています。試験問題は、世界各国のアイテムライター(原案作成者)の資料をもとに厳選し、すべてオリジナルで作成されていることから、その質の高さは入試や海外留学、企業など社会で広く認められています。実社会で役立つ、「世界レベルの英語力」を測る資格試験。それが「英検」です。

資格

実用英語技能検定

概要

実用英語技能検定、通称英検財団法人日本英語検定協会(Society for Testing English Proficiency, STEP)が運営する日本における英語検定試験。一般に英検と呼ばれる。年間3回実施される。

詳細

「英検」は正式名称を「実用英語技能検定」と言い、1963年に創設されて以来、延べ7400万人が受験し、現在は年間約250万人が受験している国内最大規模の英語検定試験です。「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を、筆記・リスニング・スピーキングのテストで直接・的確に測定し、合否を判定します。試験は年3回実施され、初級の5級から4級、3級、準2級、2級、準1級、そして最終目標となる1級まで7つの級に分かれており、自分の目指す目標を身近に設定し、無理なく確実に実力を延ばしていくことができるように構成されています。試験問題は、世界各国のアイテムライター(原案作成者)の資料をもとに厳選し、すべてオリジナルで作成されていることから、その質の高さは入試や海外留学、企業など社会で広く認められています。実社会で役立つ、「世界レベルの英語力」を測る資格試験。それが「英検」です。

合格率

合格率は1級は約9%、準1級は約10%、2級合格率は約20%程度

難易度

1級(大学上級レベル)
広く社会生活に必要な英語を十分に理解し、自分の意思を表現できる。

準1級(大学中級レベル)
日常生活や社会生活に必要な英語を理解し、特に口頭で表現できる。

2級(高校卒業レベル)
日常生活や職場に必要な英語を理解し、特に口頭で表現できる。

準2級(高校中級レベル)
日常生活に必要な平易な英語を理解し、特に口頭で表現できる。

3級(中学卒業レベル)
基本的な英語を理解し、特に口頭で表現できる。

4級(中学中級レベル)
基礎的な英語を理解し、平易な英語を聞くこと、話すことができる。

5級(中学初級レベル)
初歩的な英語を理解し、簡単な英語を聞くこと、話すことができる。

受験制限

制限なし

受験内容

●1級
◆1次試験
読解問題など、英作文、大意要約、リスニング
◆2次試験・・・・面接

●2級・準2級・3級
◆1次試験
読解問題など、リスニング
◆2次試験・・・・面接

●4級〜5級
読解問題など、リスニング

試験時期

1次試験・・・・1月、6月、10月の中旬頃
2次試験・・・・2月、7月、11月の下旬頃

試験場所

全国

試験料金

1級・・・・7,500円
準1級・・・・6,000円
2級・・・・4,100円
準2級・・・・3,600円
3級・・・・2,500円
4級・・・・1,500円
5級・・・・1,400円

主催団体

(財)日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/

実用英語技能検定参考書籍や商品