ClairWorks
 日本で開かれる国際会議、行事の数は年々増加の一途をたどり、国際コミュニケーターとしてのプロの“通訳”に対する需要はますます高くなってきています。  “通訳”を目指す人のための指針として全国規模で通訳能力の審査および資格の認定を行い、1973年(昭和48年)に創設されたのが、通訳技能検定試験(“通検”)です。  通検(V通検を含む)は、創設以来34年間実施され、通算129,544名が受験し、38,304名が合格しています。また、1級試験はわが国でもっとも難しい語学資格試験として知られています(語学試験難易度相関表参照)。通検1級・2級の合格者は日本通訳協会が認定する通訳士の資格を得て、プロの通訳者として多方面で活躍しています。

資格

通訳技能検定試験

概要

国際会議、学術会議などで同時または逐次通 訳のできる高度な通訳技術を認定する。

詳細

 日本で開かれる国際会議、行事の数は年々増加の一途をたどり、国際コミュニケーターとしてのプロの“通訳”に対する需要はますます高くなってきています。  “通訳”を目指す人のための指針として全国規模で通訳能力の審査および資格の認定を行い、1973年(昭和48年)に創設されたのが、通訳技能検定試験(“通検”)です。  通検(V通検を含む)は、創設以来34年間実施され、通算129,544名が受験し、38,304名が合格しています。また、1級試験はわが国でもっとも難しい語学資格試験として知られています(語学試験難易度相関表参照)。通検1級・2級の合格者は日本通訳協会が認定する通訳士の資格を得て、プロの通訳者として多方面で活躍しています。

合格率

1級:志願者数76人、合格者5人(6.8%) 2級:志願者数989人、合格者114人(12.6%)

難易度

1級:演説、会議等の正確な逐次通訳はもとより、一定水準の同時通訳を行う能力がある。 2級:特に専門的でない一般的内容のスピーチについて逐次通 訳を行う能力がある。英検1級程度。

受験制限

●1級 --2級合格者
●2級--制限なし

受験内容

●1級
1次試験---2級合格をもって1次試験に代える
2次試験---長文英語スピーチの日本語同時通訳、日本語スピーチの英語同時通訳
3次試験---英語から日本語、日本語から英語への逐次通訳・同時通訳

●2級
1次試験---和文英訳、英文和訳、英問英答、読解、主題・論旨把握
2次試験---英語スピーチ部分通訳、日英後逐次通訳(筆記試験)

試験時期

●1級
□1次試験・・・・6月上旬、11月上旬頃(2回)
□2次試験・・・・7月上旬、12月中旬頃(2回)
□3次試験・・・・8月上旬、1月下旬頃(2回)

●2級
□1次試験・・・・6月上旬、11月上旬頃(2回)
□2次試験・・・・7月中旬、12月中旬頃(2回)

試験場所

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、那覇

試験料金

通検1級:17,000円
通検2級:12,000円

合格

●1級
□1次試験・・・・6月下旬、12月上旬頃
□2次試験・・・・7月下旬、1月中旬頃
□3次試験・・・・8月上旬、1月下旬頃

●2級
□1次試験・・・・6月下旬、12月上旬頃
□2次試験・・・・8月上旬、1月下旬頃

主催団体

日本通訳協会
http://www.jipta.net/top.shtml

通訳技能検定試験参考書籍や商品