ClairWorks
近年、首都圏のみならず地方都市においても多数の外国人が居住する“共生社会”化が進み、語学力を活かして地域に貢献する場が増えています。また国際会議やスポーツイベント等も各地で多く開催され、“ボランティア通訳”の活躍が脚光を浴びるようになってきました。  1998年2月開催の長野オリンピック、2002年6月開催のFIFAワールドカップなどの大会では、多数のボランティアが通訳として競技会場の内外でインフォメーション、選手のアテンドなどで活躍し、大会運営を支えました。2005年3月〜9月開催愛知万博に代表される国際的なイベントで、また日本に居住する外国人や海外からの来訪者との交流の場で、自分の語学力を活かそうと通訳や案内業などで活躍しています。ボランティア通訳の活躍はますます期待されます。  ボランティア通訳検定試験は国際交流に通訳能力を役立たせたい人達の能力の証明となるように、1996年より実施しています。

資格

ボランティア通訳検定

概要

ボランティア通訳検定試験 - V検とは、国際交流に通訳能力を役立たせたい人達の能力を認定する資格

詳細

近年、首都圏のみならず地方都市においても多数の外国人が居住する“共生社会”化が進み、語学力を活かして地域に貢献する場が増えています。また国際会議やスポーツイベント等も各地で多く開催され、“ボランティア通訳”の活躍が脚光を浴びるようになってきました。  1998年2月開催の長野オリンピック、2002年6月開催のFIFAワールドカップなどの大会では、多数のボランティアが通訳として競技会場の内外でインフォメーション、選手のアテンドなどで活躍し、大会運営を支えました。2005年3月〜9月開催愛知万博に代表される国際的なイベントで、また日本に居住する外国人や海外からの来訪者との交流の場で、自分の語学力を活かそうと通訳や案内業などで活躍しています。ボランティア通訳の活躍はますます期待されます。  ボランティア通訳検定試験は国際交流に通訳能力を役立たせたい人達の能力の証明となるように、1996年より実施しています。

合格率

合格率はA級17%、B級46%

受験制限

制限なし

受験内容

■ボランティア通検A級
[形式]
筆記試験および音声試験(読解、文法・語法、主旨把握、一般常識、和文英訳、部分通訳(英日/日英)など)で選択および通訳筆記解答
[内容]
社会・文化現象、一般市民生活、異文化理解などの分野で、一般的で身近な内容のもの
[レベル]
英検準1級程度の英語力を持つ者
[合格基準]
一般的な内容のスピーチや対談を通訳できる能力がある者

■ボランティア通検B級
[形式]
筆記試験および音声試験(読解、文法・語法、和文英訳、部分通訳(英日/日英)など)で選択解答
[内容]
社会・文化一般など、身近で日常的な話題
[レベル]
英検2級程度の英語力を持つ者
[合格基準]
簡単な内容のスピーチや対談の概略をなんとか通訳できる者

試験時期

6月上旬、11月上旬頃

試験場所

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、那覇

試験料金

V通検A級:6,500円
V通検B級:4,000円

合格

1次試験・・・・7月下旬、1月中旬頃

主催団体

日本通訳協会
http://www.jipta.net/

ボランティア通訳検定参考書籍や商品