シェイクスピア - Shakespeare

ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)で1564年4月23日(正確な誕生日は不明)- 1616年4月23日 イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、もっとも優れた英文学の作家とも言われています。イングランド王国の非常に裕福な家庭に生まれ、父は成功した皮手袋商人で、市会議員でもあり、母はジェントルマンの娘であった。一家にはウィリアムも含め、8人の子どもがいた。 1582年、18歳のシェイクスピアは26歳の女性アン・ハサウェイと結婚。翌年に長女、1585年には長男と次女の双子が生れる。長男は1596年に早世。

シェイクスピア 名言 英語/日本語

シェイクスピア (Shakespeare)の名言を英語と日本語で紹介

Present fears. Are less than horrible imaginings.

Shakespeare

眼前の恐怖も想像力の生みなす恐怖ほど恐ろしくはない。

シェイクスピア

The miserable have no other medicine but only hope.

Shakespeare

不幸を治す薬は希望より外にない。

シェイクスピア

Love is blind,and lovers cannot see the pretty follies that themselves commit.

Shakespeare

恋は盲目で、恋人たちは恋人が犯す小さな失敗が見えなくなる。

シェイクスピア

Action is eloquence.

Shakespeare

行動は雄弁である。

シェイクスピア

Give every man thy ear, but few thy voice; Take each man’s censure, but reserve thy judgement.

Shakespeare

誰の話でも聞いてやれ、しかし自分のことはあまり話すでない。他人の意見をよく聞き、判断は差し控えておくこと。

シェイクスピア

There’s beggary in the love that can be reckoned.

Shakespeare

計算された恋は卑しいものだ。

シェイクスピア

Most subject is the fattest soil to weeds.

Shakespeare

肥えた土ほど雑草がはびこる。

シェイクスピア

Brevity is the soul of wit.

Shakespeare

簡潔こそが英知の真髄である。

シェイクスピア

So may the outward shows be least themselves: The world is still deceived with ornament.

Shakespeare

外観というものは、一番ひどい偽りであるかもしれない。世間というものはいつも虚飾にあざむかれる。

シェイクスピア

Neither a borrower nor a lender be; For loan oft loses both itself and friend, And borrowing dulls the edge of husbandry.

Shakespeare

金の貸し借りをしてはならない。金を貸せば金も友も失う。金を借りれば倹約が馬鹿らしくなる。

シェイクスピア

The worst is not, So long as we can say, This is the worst.

Shakespeare

「これが最悪だ」などと言えるうちは、まだ最悪ではない。

シェイクスピア

Expectation is the root of all heartache.

Shakespeare

期待はあらゆる苦悩のもと。

シェイクスピア

A fool thinks himself to be wise, but a wise man knows himself to be a fool.

Shakespeare

愚者は己が賢いと考えるが、賢者は己が愚かなことを知っている。

シェイクスピア

Love like a shadow flies when substance love pursues; Pursuing that that flies, and flying what pursues.

Shakespeare

恋は影のようなもの、いくら追っても逃げて行く、こちらが逃げれば追ってきて、こちらが追えば逃げて行く。

シェイクスピア

There is a tide in the affairs of men. Which, taken at the flood, leads on to fortune; Omitted, all the voyage of their life. Is bound in shallows and in miseries.

Shakespeare

人の成すことには潮時がある。うまく満ち潮に乗れば成功するが、その期をのがすと、一生の航海が不幸災厄ばかりの浅瀬につかまってしまう。

シェイクスピア

There is nothing either good or bad, but thinking makes it so.

Shakespeare

物事によいも悪いもない。考え方によって良くも悪くもなる。

シェイクスピア

To be, or not to be: that is the question.

Shakespeare

生きるべきか、死ぬべきか。それが問題だ

シェイクスピア

The course of true love never did run smooth.

Shakespeare

真の恋の道は、茨の道である。

シェイクスピア

Speak low if you speak love.

Shakespeare

恋を語るときには声をひそめよ。

シェイクスピア

Love sought is good, but given unsought, is better.

Shakespeare

求めて得られる恋もよいものだが、求めずして得られる恋のほうが、なおのことよいのである。

シェイクスピア

カテゴリ

笑い 愛・恋愛人生学び真実時間幸福成功お金モチベーション友情新着

人物