エミリー・ディキンソン - Emily Dickinson

本名:エミリー・エリザベス・ディキンソンEmily Elizabeth Dickinson)1830年12月10日 - 1886年5月15日 アメリカの詩人。生前は無名でしたが、1700篇以上残した作品は世界中で高い評価を受けており、19世紀世界文学史上の天才詩人のひとりとされています。エミリーが残した詩は、他の詩人の作品とは異なり、一目で見分けがつくような特徴があります。バラードと賛美歌の韻律を作る才能、草稿に見られるダッシュの多用と型にはまらない大文字の使用、風変わりな語彙と比喩的描写などにより、独特の叙情詩を作っています。

エミリー・ディキンソン 名言 英語/日本語

エミリー・ディキンソン (Emily Dickinson)の名言を英語と日本語で紹介

That it will never come again is what makes life so sweet.

Emily Dickinson

もう二度と来ないということが、人生を甘美なものにする。

エミリー・ディキンソン

Not knowing when the Dawn will come, I open every Door.

Emily Dickinson

夜明けがいつ訪れるか分からないから、私はすべての扉を開く。

エミリー・ディキンソン

Saying nothing sometimes says the most.

Emily Dickinson

何も語らぬことがときに、もっとも多くを語る。

エミリー・ディキンソン

I dwell in possibility.

Emily Dickinson

私は可能性の中に住んでいる。

エミリー・ディキンソン

To live is so startling it leaves little time for anything else.

Emily Dickinson

生きることは驚くべきことで、他のことをする時間がほとんどないほどである。

エミリー・ディキンソン

Life is a spell so exquisite that everything conspires to break it.

Emily Dickinson

人生というのは、すべてがそれを破壊しようと企んでいるような、この上なく素晴らしい魔法のようなものだ。

エミリー・ディキンソン

A wounded deer leaps the highest.

Emily Dickinson

怪我をした鹿が最も高く跳ぶ。

エミリー・ディキンソン

My friends are my estate. Forgive me then the avarice to hoard them.

Emily Dickinson

友人は、私の財産。だから、貯め込もうとする貪欲さは見逃してほしい。

エミリー・ディキンソン

If I can stop one heart from breaking, I shall not live in vain.

Emily Dickinson

もし誰かの心が壊れるのを止められるのなら、私は無駄に生きているのではないだろう。

エミリー・ディキンソン

I never spoke with God, or visited in heaven; Yet certain am I of the spot As if the chart were given.

Emily Dickinson

神と話したこともなければ、天国に行ったこともない。それでも、地図を与えられたかのように、その地を確信している。

エミリー・ディキンソン

Forever is composed of nows.

Emily Dickinson

永遠は、いくつもの今でできている。

エミリー・ディキンソン

Success is counted sweetest By those who ne'er succeed.

Emily Dickinson

成功は成功しない者たちによって、もっとも甘美なものと見なされる。

エミリー・ディキンソン

Unable are the Loved to die / For Love is Immortality.

Emily Dickinson

愛する人が死ぬなんていうことは、絶対にあり得ないことである。というのは、愛は不滅であるからである。

エミリー・ディキンソン

カテゴリ

笑い 愛・恋愛人生学び真実時間幸福成功お金モチベーション友情新着

人物