To fear love is to fear life, and those who fear life are already three parts dead.

Bertrand Russell

愛を恐れることは、人生を恐れることだ。人生を恐れるものは、すでにほとんど死んだも同じだ。

バートランド・ラッセル

愛・恋愛 バートランド・ラッセル

You never know, maybe that's the day she has a date with destiny. And it's best to be as pretty as possible for destiny.

Coco Chanel

その日、ひょっとしたら、運命の人と出会えるかもしれないじゃない。その運命のためにも、できるだけかわいくあるべきだわ

ココ・シャネル

Let us always meet each other with smile, for the smile is the beginning of love.

Mother Teresa

いつもお互いに笑顔で会うことにしましょう。笑顔は愛の始まりですから。

マザー・テレサ

Is love an art? Then it requires knowledge and effort.

Erich Seligmann Fromm

愛は技術だろうか。技術だとしたら、知識と努力が必要だ。

エーリッヒ・フロム

A pity beyond all telling / Is hid in the heart of love.

William Butler

愛するという気持ちの底には、言うに言われぬ、憐憫の情がある。

ウィリアム・バトラー・イエイツ

It is impossible to love and be wise.

Francis Bacon

恋をしている時に、思慮分別に従って、しっかりとしているということは、およそ不可能なことである。

フランシス・べ一コン

There is more pleasure in loving than in being beloved.

Thomas Fuller

愛する喜びは、愛される喜びよりも、はるかに優るものである。

トマス・フラー

Love is tyrant sparing none.

Pierre Corneille

恋は、何人をも容赦しない暴君である。

コルネイユ

To be loved at first sight, a man should have at the same time something to respect and some thing to pity in his face.

Stendhal

一目で惚れられるためには、男の顔の中に、何かしら、相手の女性に尊敬させるものと同時に、憐憫の情を感じさせる何かがなくてはならないのである。

スタンダール

Who ever loved, that loved not at first sight?

Christopher Marlowe

いままでに、ひと目惚れしたことのないもので、恋をしたという者がいるだろうか。

クリストファー・マーロー

The first symptom of true love in man is timidity, in a girl it is boldness.

Victor-Marie Hugo

真の恋の兆候は、男においては臆病さに、女は大胆さにある

ヴィクトル・ユーゴー

We waste time looking for the perfect lover, instead of creating the perfect love.

Tom Robbins

私たちは完璧な愛を創る代わりに、完璧な恋人を探そうとして時を無駄にしている。

トム・ロビンズ

Love is also like a coconut which is good while it's fresh, but you have to spit it out when the juice is gone, what's left tastes bitter.

Bertolt Brecht

愛というものは、また、新鮮な間はおいしいが、だんだんと甘い汁がなくなってしまって、苦い味がしだしてくると、つい吐き出してしまわなければならない、ココやしの実のようなものである。

ベルトルト・ブレヒト

When we are in love often doubt that which we most believe.

La Rochefoucauld

我々は恋をすると、現在はっきりと信じているものまでも、疑うようになるということが、しばしばあるものである。

ラ・ロシュフーコー